永代供養霊園を探すなら|事前に必要なことを調べておこう

お参りしやすいサービス

送迎や売店の充実

レディ

お墓は納骨したらそれで終わりではありません。
むしろ、納骨後こそ重要です。
お墓の前で手を合わせることで、故人を偲び、心の拠り所となるからです。
だからこそ、お墓参りのしやすさは霊園を選ぶ際の大きなポイントになります。
神奈川にはたくさんの霊園があり、なかには電車の駅やバス停から近く、お墓参りがしやすい立地条件のところも少なくありません。
神奈川県にはたくさんの路線が走っていますので、県外からのアクセスも便利です。
また、路線バスの数が多いため駅から少し離れていてもバスで霊園の近くまで出られるのです。
また、公共の交通機関以外に、最寄りの駅からの送迎車や墓参バスが用意されている霊園もあります。
霊園ごとに運行状況は違いますが、神奈川の霊園で送迎車や墓参バスがあるところのほとんどはお彼岸やお盆には増便になっているのでスムーズなお墓参りが可能です。
霊園で法事などを行う場合は、車のチャーターをしてくれるところもあります。
神奈川は海も山もあり、都市部でもアップダウンが多いエリアです。
そうなると、霊園自体がバリアフリーでも駅から霊園まで徒歩の道のりが大変だと感じることもあるでしょう。
特に、高齢者や小さい子どもを連れている人などは、来園手段に不安を感じることも少なくありません。
こうした送迎を利用すれば、そうした人でも快適にお墓参りができます。
さらに、民間の霊園でしたら大抵のところには管理棟の中に売店があり、お花やお線香などが購入できますので、手ぶらでお墓参りができます。

それぞれの魅力

女性

墓地や霊園は古くからある共同墓地などを除けば大きく3つに分かれます。
それが公営霊園、寺院墓地、民営霊園です。
神奈川県にもこのすべてがありますが、それぞれ経営母体が違ってきます。
経営母体が違うだけで、基本は同じですが料金は大きく異なってきます。
まず公営霊園は市町村や都道府県が運営していますが、経営基盤が安定している上、管理料が安いなどのメリットがあります。
ただし募集期間が短い事もあり非常に人気となっています。
場所によっては総額費用が200万〜300万になる事もあり、民営よりも高い場合もあります。
この公営は全国に3万以上あるといわれています。
寺院墓地は宗教などが場所により制限される場合がありますが、立地等は恵まれています。
全国で60000万以上あるといわれており、神奈川にも多数存在します。
最後の民営霊園ですが、これは立地条件も管理条件も業者によって大きく異なります。
大きなポイントとしては神奈川でも多くの民営霊園があるように、販売数が多いので購入しやすいメリットがあります。
管理料などは公営よりも高めですが、トータル費用は公営とあまり変わりないか、それよりも安い場合がありますので、場所や管理方法等も含めて比較検討する事が重要です。
安い所であれば総額費用で100万程度から購入する事が出来ます。
このように神奈川を初めてとして都道府県には多くの霊園や墓地があります。
それぞれ立地や管理条件などにより費用が異なりますので、口コミなどを参照の上比較検討して選ぶ事が重要です。

様々な種類があります

線香

遺骨を収めて故人を弔う場所として一般的に良く知られているのがお墓です。
しかし一口にお墓と言っても実は様々な種類があります。
神奈川県でも多くのお墓がありますので、お墓を決める際にはその内容を十分に理解する必要があります。
そのため、きちんとお墓について把握しておきましょう。
お墓には寺院敷地内にある寺院境内墓地、自治体が経営する公営墓地、公益法人が経営する民営墓地の3種類あります。
このうち神奈川にある公営墓地と民営墓地については一般的に霊園と呼ばれています。
寺院境内墓地では原則的にそのお寺の檀家であり、承継者がいることが利用条件となっています。
公営墓地の場合は宗派は問われませんが、その自治体に一定期間居住しているなどの条件をクリアする必要があります。
民営墓地の場合は特に利用に関する条件が無いのが一般的です。
なお、最近ではこれらに加えて新しいお墓の形態として、建物内に複数の遺骨を保管する納骨堂があります。
墓石が不要で、墓を守る煩わしさを子どもや孫に残したくない、墓の承継者がいない、などの理由から近年注目を集めています。
にある納骨堂も民営墓地同様、特に利用の制限が無く、しかも多種多様のタイプがあるため、利用しやすいものとなっています。
お墓がたくさんある神奈川県において特に多いのが公営墓地や民営墓地といった霊園です。
神奈川県の霊園は都会でありながらどこも広く、霊園内はいつも清潔で利用しやすいという面で人気があります。