永代供養霊園を探すなら|事前に必要なことを調べておこう

お墓の引っ越しについて

引っ越し先の選び方

墓地

遠方にあるお墓にお墓参りに行けない、管理できないという場合は、お墓を神奈川に引っ越しさせることができます。
これは、改葬と呼ばれているもので、お墓と遺骨を同時に移すことができます。
改葬しようと思ったら、まず、お墓と遺骨の受け入れ先を探します。
改葬の受け入れ先には、神奈川の寺院や霊園などが候補になりますが、どこでも受け入れてくれるわけではありません。
寺院の墓地の場合は、宗派などの種類に気を付けて選ぶことが大切です。
同じ仏教でも様々な宗派があるため、同じ宗派の寺院を選ぶようにします。
現在信仰している宗派と違う寺院を選ぶときは、改宗しなければいけない場合もあります。
また、法要の違いや墓石の文字の違いなどクリアする問題がいくつかありますので、神奈川の寺院に相談が必要です。
神奈川の霊園を移転先に希望する場合は、霊園の管理者に問い合わせが必要です。
遺骨だけの場合はどこの霊園でも大丈夫ですが、お墓も一緒に受け入れてくれる霊園は限られているからです。
改葬可能な神奈川の霊園はインターネット検索で調べると出てきますので、立地、宗教・宗派、価格帯などの条件から絞り込んでいきます。
絞り込みの結果から4〜5カ所の霊園を選んで改葬したい旨を伝え、見積もり依頼をします。
霊園によって改葬の価格やサービス内容が異なりますので、必ず複数から見積もりを取るようにしましょう。
また、現地に行って霊園の管理体制や環境などの確認も重要です。
これらの点を総合的に判断して、自分に合う神奈川の霊園を選びたいものです。

駅の近くでお参りしやすい

線香

神奈川には公営、私鉄ともにたくさんの電車の路線が走っています。
また、路線バスも豊富です。
そのため、神奈川県内は電車やバスなどの公共の交通機関で移動しやすくなっています。
そんな神奈川県には、駅チカと言われる鉄道の駅から徒歩圏内の霊園やバス停がすぐ近くにある霊園など、交通の便が良い霊園がたくさんあります。
2駅使える霊園もありますので、乗り換えの回数少なく、スムーズに霊園へのアクセスが可能です。
神奈川では高齢者向けに市営地下鉄の優待パスが発行されるなど、公共の交通機関が利用しやすい制度があります。
こうした制度が利用できるということは、公共の交通機関でのアクセスの良さは年を重ねたときのお墓参りのしやすさという点で大きなメリットになります。
普段は車で移動しているという人でも、高齢になったときに同じように運転できるとは限りません。
また、自分が運転しなくなったときに他の家族で車を運転する人がいない場合も考えられます。
お墓を探すときに、お墓参りのしやすさというのは大きなポイントになります。
そうなれば、移動手段をどうするかという点は無視できない課題です。
徒歩で行けるような距離の霊園を選ぶなら別ですが、自家用車以外でのアクセス方法を確認して、霊園選びのときの条件に加えておきましょう。
一部の霊園では送迎バスが用意されていることがあり、規模によっては墓域内まで車で移動できるようになっています。
県内全域に、こうしたサービスが用意されている霊園がありますので、神奈川県はお墓参りしやすい霊園が揃っていると言えます。

手続きの方法

男の人

お墓は、いつかきちんとしなければと思いながらもなかなか決められないものです。
でも霊園は気になった時が買い時です。
神奈川には心安らぐ、よい霊園がたくさんありますので、ぜひこの機会に神奈川の霊園を比較してみてください。
 まず、神奈川の霊園選びのスタートは資料請求からです。
資料請求はとても簡単です。
インターネットのサイトから気になったところを選択して一括請求できます。
資料だけではわからないこともありますので実際に足を運びましょう。
暑い時期や寒い時期など季節の悪い時期にあえて見学するのもおすすめです。
夏や冬に交通の便が悪いと感じなければ、アクセスには問題ないでしょう。
見学は予約できます。
質問などもできますので、ぜひ予約してからいってください。
 次に、霊園の見学のポイントとしては、交通の便、駐車場、法要のための設備、休憩所の有無、清掃状況、バリアフリーなどがあります。
もちろん費用は一番気になる点です。
大きさによってお値段が分かれていることが多いですが後々のトラブルにならないようにじっくり検討しましょう。
「少しの費用の違いなら大きい方がよかった。
」と感じたり、「小さくても手入れも楽でかえってよかった。
」など考え方はさまざまです。
民営霊園では、墓石の石材店が指定されている場合があるので、墓石は別で用意したい場合には注意が必要です。
多くの民営霊園が宗教不問ですので、だれでも申し込み可能です。
 申し込みされる神奈川県内の霊園が決定しましたら、永代使用料、管理料などを入金します。
多くの霊園では、この入金が正式な申し込みとなります。
必要書類を提出して、その後使用承諾書が発行されます。