永代供養霊園を探すなら|事前に必要なことを調べておこう

永代供養墓地が多い地域

事前に何が必要か

男性

神奈川県内には、数多くの永代供養霊園があります。
神奈川県は土地が豊富にあることから、霊園の数も多いのです。
神奈川県内の永代供養ができる霊園は、既存の墓地にも作られていますが、新規の施設も結構あります。
神奈川県内で新しく作られた永代供養霊園の殆どは、宗派を問わない形式になっています。
最近では、跡継ぎや子供のいない人が増え、永代供養を希望する人が増えています。
ただ、偏に永代供養と言っても、幾つかの形式があります。
最初から遺骨を合祀する形式もあれば、最初の数年間は納骨堂で供養を行うやり方もあります。
どの方法にするかは、霊園の運営方針にもよるので、それぞれの施設で説明をしっかり聞いておくことです。
最近の永代供養の方法として人気が高いのは、何と言っても樹木葬です。
お骨を土に戻すというやり方は、自然葬として人気を高めています。
永代供養の供養料は一度に支払う必要があります。
通常は、永代供養の料金と維持管理費に相当するお金を支払うことになります。
ただ、自分のお墓を永大供養墓として申し込む場合に限って、費用の分納も認められています。
そして、子供がいない人には、埋葬を委託する団体も重要です。
その場合は、団体に支払う手数料も計算に入れることです。
自分自身の永代供養を考える場合は、遺言以外にも終活のためのメッセージを遺すことです。
自分の死後の心配を無くすには、永大供養の手続きを抜かりなく終えておくことです。

新たに墓地を用意する

墓と家族

地方から首都圏に進学、就職し、神奈川県内に定住すると決めたけれど、両親のお墓は郷里に残したままだという人は少なくないでしょう。
首都圏に住んでいると墓参りも遠くて大変だし、特に古い墓地の手入れをする親族が地元にいないとなると、思い切って神奈川県内にお墓を買って改葬しようかと考える人も出てきます。
「お墓を買う」と言っても、墓として使うために一定の区画の永代使用権を得るに過ぎず、土地を所有するわけではありません。
したがって、一般に各施設の利用規約などには第三者への譲渡などはできないことが明記されています。
改葬先を考えるに当たっては、特定の寺の檀家になるのかどうかで大きく違ってきます。
檀家を選択するなら、寺院内墓地か、寺院に隣接した霊園に入ることになります。
檀家は、特定の寺に所属し、その寺の維持運営を支援すべきものなので、定例の行事への参加や寺院の維持等の費用負担が必要になる場合もありますが、何かあった時には様々な便宜を図ってもらえます。
一方、改葬先が一般の霊園の場合だと宗派を問わないところも多く、所定の管理費用を定期的に納めるだけで行事等への参加は必要ありません。
神奈川県内には数多くの霊園があり、区画の大きさ、使用料は様々です。
交通の便は良いところは料金もそれに応じて設定されていますし、墓石の購入代金もピンキリで、特定の石材店から墓石を購入することが義務付けられているところもあります。
神奈川県内には自治体が運営する市営霊園なども何か所かあり、宗教を問わないなど使用条件による制約が少なく、使用料、管理費等も割安な場合があるので、もし空きがあれば検討の候補としてもいいでしょう。

価格も重要となる

花

神奈川県は地元や東京などで働く方が多く住むエリアです。
その中には地方から出てきて神奈川に住居を構えた方も大勢います。
そういう地方出身者の方も高齢になってくると、遠方にある故郷のお墓へのお参りが肉体的にも金銭的にも負担になってきます。
そこで最近では故郷にある墓をしまう「墓じまい」をして、神奈川の霊園に墓を移す「改葬」が増えてきています。
どうして神奈川の霊園が人気かというと、家族や親族が墓参りしやすい立地にあるからです。
神奈川は電車やバスなどの公共交通網が発達しているので、短時間での墓参りが可能だからです。
道路事情も良いエリアなのでマイカーでの墓参りも気軽に出来ます。
また、神奈川の霊園は自然景観が豊かな事も人気の理由です。
横浜や川崎などの大都市でも少し離れると、海や山などの自然が広がっていたりします。
都会の近くにありながら、そんな自然に囲まれた霊園を求める方は多いものですが、神奈川ならそういう条件の霊園が多く見つかります。
家族での行楽のついでに寄れるのも人気の理由の一つとなっています。
新しくお墓を求める方にも以上のような理由で神奈川の霊園は人気です。
お墓探しは住宅探しと同じで、立地が大事なポイントとなる事が世間に浸透してきているからといえます。
その立地と並んで重要なのは価格です。
新しくお墓を作るとなると、永代使用料、墓石代、管理費などで数百万円からの費用がかかるといわれています。
神奈川の霊園には、費用が抑えられる、墓石の要らない納骨堂に納めたり、共同墓に納める永代供養タイプのところも多くあります。
費用を安く納めたいという理由の他、墓参りなどで子供を煩わせたくない、形式にはこだわらないなど、これまでの価値観と違う新しい参拝スタイルの方には適した霊園が多くあります。